38連勝中の内村選手が4位と苦しい立ち上がり

ロンドン、リオとオリンピック2大会連続で体操男子個人総合を制している内村選手ですが、オリンピック後のプロ転向初戦となった全日本選手権でまさかの4位発進となってしまいました。これまで出た大会では38連勝中と力の差を見せつけていましたが、ここに来て若手の台頭などもあり、苦しい立ち上がりとなってしまいました。オリンピック後、プロ転向で多忙であったであろうと思いますし、久しぶりの大会ということで練習不足やモチベーションの維持などかなり大変だったんだろうと思います。加えて続々と新技を発表している白井選手など内村選手の後継者となるべき若手が順調に育ってきているあかしでもあるので、日本の体操界にとっては喜ばしいことではあると思います。内村選手もこのままずるずる行くわけではなく、東京オリンピックの向けて徐々に調子を上げていくとは思いますが、もしかしたら東京オリンピックでは白井選手あたりが日本の体操界を引っ張っているのかもしれません。これまで数多くの貢献をしてきた内村選手なので勝敗云々ではなく、自分の納得のいく体操をしてもらいたいと思います。ミュゼ 100

ピアノの面白さに気づいたとき、世界が変わりました

こんにちは。私は3才の頃からピアノを習っていて、今年で25年になります。小学生のころにはピアニストになるのが夢で、毎日母に付き添ってもらいながら一生懸命練習に励んでいました。だけれども年齢が上がるにつれて、このままどこかの音楽大学に入ってピアノを弾き続ける自分が想像できなくなっていき、練習をやめてしまいました。それからは譜読みをして練習して、レッスンに参加して合格をもらうのではなく、自分が好きな時に、好きな曲を練習できるようになりました。それまでただただ楽譜に並んでいる順番通りに、まるで流れ作業のようにこなしていくピアノが、こんなにも自由で、思うままに弾くことができるなんて!私はさっそく、クラシック以外の曲の楽譜を買い込みました。POPS、アニソン、ジャズ、サウンドトラックの楽譜・・・今は本当にたくさんの楽譜が売っているんですね!好きな曲が一つでも入っていたら買ってしまいます。弾きたい曲が貯まるのは幸せです。授乳中 酵素ダイエット