視聴率のいい東京の景色テレビはがほしいです

家余りといいますが、まったく家が余っていません。一体、いつになったら、余るのでしょうか。太陽光発電も、もっと、日本中でしたほうがいいのではないでしょうか。山の中です。住宅地は少しにしないと、かえって、夏の暑さにひどくなります。安全なところに作れるといいですね。
話は変わりますが、5時に夢中を見ています。レアですが、こちらは、ゲストのいる後ろを通る、車を見ていたりすることも多いのです。あの道って、あそこまで、車と折ったっけというような気持ちです。私も、車で走ってみたい、そのM割はどうなっているのだろうかという気持ちです。あの当時は結婚式場でしたが、そこを出ると、坂を下って、皇居ですよね。公共の堀を見ながら、最高裁判所、国会議事堂、国立国会図書館、永田町の地下鉄の駅です。緑も濃い、大きな木が街路樹です。かわりませんか。もっと、そのあたりの景色もみたいです。東京の景色テレビを作ると、視聴率が上がるかもしれません。