昔から言われているナースとはこのことです

ありがたい事に、わたくしは両者目線を懐妊しました。相応しい気持ちで思う存分だったのですがすぐに、ひどいつわりがはじまりました。最初の時も、何だか苦しいつわりだったのですが今回は二度とひどく一年中点滴にクリニックに通っていました。日々吐き続けなにも喉を通らず懐妊初期の私はマインドがクタクタでした。どうして妊娠してしまったのだろうと想う事もありました。しかし、一年中おなじような雰囲気でつらみたいにクリニックに通っても不快面持仲間せず各回背中をさすってくれたり、頑張ろうねと声をかけてくれたり、終わりはくるからと禿げましてくれたお客様がいました。主人なら最高の主人ですが(笑)主人ではなく、それはクリニックのナース様でした。あの、痛いら手厚く笑って声をかけ一所懸命補助をできる姿を肌で感じると「エンゼル」にみえました。ナースを言う言葉づかいが実にベッタリだと感じました。がんらい健康な体のわたくしだったのでほとんど病院にかかることなく生きてきました。ですから、一段とナースというみなさんにさんざっぱら感動しました。ひどいらやさしくされると天命私の記憶には残りそうです。ほんと、これが一人暮らしだったらナース様を好きになってしまって仕舞ういきおいです。懐妊中になに面白要所考えてるんだろうって話ですけどね。http://www.craftsnob.co/ryokin/