本日がバラの見ごろ、京成バラ園に行ってきました

5月はバラの季節という事で、今見ごろを迎えて掛かる千葉県の京成バラ園に行ってみました。今日は朝から青天で、暑いくらいの時期でした。到着して園内を見渡した拍子、全く全部のバラが満開の状態で赤白イエローなどの色合いで埋め尽くされて圧巻のパノラマでした。バラの素晴らしいフレグランスも漂っていて結構幸せな気分です。初めて驚いたのが、バラが木であるという事をふたたび気づかせてくれたほど、地面から生えているマテリアルが厚くてごつごつとやることです。自分自身が鉢で育てて要るせいか、いわば異なる強い特徴にビックリでした。そして無数のつぼみが複数ついていて、うらやましくなるほどでした。園内ではピアニストのほうが来ていて、クラシック曲の公演もあり、優雅な時でした。名物のバラのソフトクリームも食べましたが、ちょっとバラの香りがして、誠においしかっただ。通常3ひとときほど滞在して思う存分園内を散策することができました。また秋バラの頃にも訪れてみたいだ。

これは、以外に恐ろしいですよ…心掛けます。

今日、マイカーに「赤ん坊が乗ってある」というプレートを付けているのを一心に目にします。
色々な等級がありますね。
日本語は当然、英語登記や、ヒーロー売り物など。
但し今、びっくりするのを目にしました!
そのプレートには本当に!
「織田信長が乗ってある」って。
しかも、挿画が織田信長がマントをひるがえして刀を手にしています。
これが、赤い土台に黒ムードの体型で描かれてある。
これを目にしたタイミング、心掛けますよ。
「赤ん坊が乗ってある」によって、余程心掛けますよ。
成果が強すぎます。
如何なるほうが乗っているのかと気になりまして、車内をすれ違いざまにチラっと見てみました。
まぁ、もちろん「織田信長」は乗っていませんが、
20年齢代位の初々しい婦人が運転していました。
これが今はやりの「歴女」なのかな。って思い通りすぎましたが、
こういう感覚に脱帽です。
「織田信長」以外にもこういう関連はあるのでしょうか。
他の人間は見たことがありませんが、前もって最恐は「織田信長」ですかね。

しっかり捨てていけば、効果は蔓延るはずだ。

譲ることは、影響が目に見えてわかりやすい。
ウェイトを洗い流す訳よりも、カンタンに望める。
振り捨てるのは肝ったまが必要だったけれど、だんだん、慣れて現れる。
ハイテンションになって、これは捨てようって思うように達する。
旦那が、モノを大切にして、モノに執着しない人でよかった。
旦那は、スパイラルも山のようにもっていたのだけれど、それを処分したのだ。
前の恋人のマイカーのロック、前のマイカーのロック、その他各種倉庫のロックなど・・・
そういったものをぜんぶ処分して、ジャラジャラ言わせなくなった。
そしたら旦那にも命運が巡って来る筈。何か社長にとって、いいことが生じる筈。
私も、いいことがないか、楽しみにしている。
断捨離で書物を捨てたら、はなはだ読みたい書物が残って、それは探していた書物だった。
断捨離で棚の家電の容器をかなぐり捨てたら、裏に隠れていたクリニークのナイトクリームが出てきた。
それから、洗濯物を投げ棄てたら、片方だけの靴下が見事にそろった。
断ち切るのは効果がある。目に見えて影響がでるので、やりやすい。